面談では気を抜くな

転職活動の心強い味方、面談。
キャリアアドバイザー(CA)が転職についての希望・要望を聞いてくれて、
更に企業への書類や面接などの相談やアドバイスをしてくれる
まさしく心強い味方なのですが
この
CAは求職者のニーズを聞くと同時に、
企業側のニーズに合う人なのかどうかも見ていますよ。


転職活動に対する姿勢や言動など、その人の人柄や性格の評価に直結します。
いくら企業に応募したくても、
社内選考で落とされた人の応募書類は 企業には届きません。
社内選考に通過した人の書類は推薦状が追加され
応募書類として企業に届けられるのですが
推薦状を描くのはCAです、面談で気を抜いてしまうと評価に関わりますから
身だしなみ、言動などには注意しておかなければなりません。
挨拶が出来ない、面談に遅刻するなど
社会人としてのマナーがまもれないようでは、社内選考すら通らない事でしょう。

第一印象を良くしておくことも重要ですが
ネガティブな事を言わない様に気をつけましょう。
転職エージェントの職務規定では、求職者から知りえた情報を
意図的に秘匿する事は禁止されています。
転職理由や退職経由などの情報をCAに伝えると
その情報は転職エージェント内で筒抜けですので 推薦状に響いてしまいます。

その時の印象や応対によって、紹介してもらえる企業やが
希望する企業への応募が左右される事もありますから
面談は一次審査と考えても大袈裟ではないでしょう。




TOPページ |